/var/www/yatta47.log

やったのログ置場です。スクラップみたいな短編が多いかと。

やりたいことがあるのであれば・・・・

表題の件。

最近、会社でお仕事していると

「自分のやりたいことはこれじゃない」

だという意見をよく聞くようになった。じゃぁ「どんな仕事がしたい?」と聞くと、これといったものが出てこないケースがある。それは論外なのだが、意見の中では「これがやりたいです!」と明確に言ってくる人もいます。

その人に対して

「じゃぁ、それやってもいいから、それを部内展開してね?」

というと、「それはちょっと」という。

「じゃぁわかった。そのやりたいこと、知らないから一人でやることになるけどそれでもいい?」と聞くと「じゃぁどうやってやればいいんですか?」という。

どういうこと?

なんなんだろう。自分のやりたいことを、教えてもらうことだけしか考えてないんじゃないかと思ってしまう。

実際はどう考えているのかよくわからないけど、少なくとも一人ででもそれを実現したいとかそういう意思や意見が聞こえない。そしてその土台があるわけでもない。上っ面だけで華やかだからとかそういう理由で選んでいるようにも見える。

これは個人的な持論ではあるのだけれど、本当にやりたことだとしたら家で勝手にやるヤツはやるだろうし、もしそれを仕事に直結させたいというのであれば、もうちょっと土台があると思う。

なにより、それを実現させるためには、そのやりたいこと以外の能力が平均以上でないと仕事として依頼されることは少ないんじゃないかと思っている。

とどのつまりは

やりたいことがあるのならば、それ以外のことを人並み以上にできるようになっておこう

という考えである。

何を頼んでもちんぷんかんぷんなことをアウトプットされ、挙句ちょっと考えるようなもの(ネット上に似たような答えがない)だと、アウトプットさえ出せない。

でも、自分のやりたいことは主張する。うーん。チャレンジはさせてあげたいけど、遊んでいるわけではないのでもうちょっと真摯にとりくんでもらいたいかなーと思う今日この頃でした。

とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方 (アスカビジネス)

とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方 (アスカビジネス)

Real Time Web Analytics