/var/www/yatta47.log

やったのログ置場です。スクラップみたいな短編が多いかと。

転職

ここ最近、知り合いで転職する人がいた。

彼は40台で、個人的には「思い切ったことをしたな~」と感じましたが、次も決まっているようで、こういったらあれですが体も強いほうではなかったようなので、リモートワークとかフレックスみたいなシステムがあるほうがきっと彼には合っているのだろうなとも思いました。

 

転職について

それなりに長く会社に勤めていると転職する人/してくる人を見ることになります。

理由は様々あると思います。金銭的な理由、環境的な理由、人間的な理由、身体的な理由。

第二新卒という形で、今年入った新入社員でもやめて転職という記事もちらほら見かけます。それも正解だと思っています。(会社のほうは涙目だと思いますが)

ただ、どうなんでしょうね。

数か月で仕事の中身がわかるのだろうかっていう気がしないでもありません。

特別能力があって、それで数か月でやめるというケースは別として、今まで社会人経験もなくて業務経験もないとなると、所属した会社で数個プロジェクトを回してもいいんじゃないかなという気もします。

会社入るってのは結構大変なので。それに、同期というものがいるかいないかって言うのもデカいと思うんですよね。

自分は同期と呼べるような人がいないので、なおそう思ったりします。

 

転職が成功する条件

やめて今、新天地で楽しくやっている人もいるし、せっかく新天地に言ったのにやめたときと同じことを言っている人もいるし、人それぞれです。

その中で自分的に転職を成功させる一番の方法は、

「伝手で転職する」

ケースが一番成功率が高いように思います。

自分に合う会社なんて入ってみないとわからないから結構、運任せなんじゃないかなと感じています。なので、伝手、いわゆる知り合いがいるところで、状況をある程度知っているっていうほうが間違いなく高いと思います。

 

自分は?

転職ねぇ。するかしないかでいうと・・・・わからないですね。

今の仕事内容はどちらかというと好きな内容なので。不満があるとすれば、色々な視点で物事を指摘してくれる人がもっといたらなぁと感じるぐらい。説明する機会のほうが多くて、説明される機会は実に少ない。それは自分の人間性の問題もあると思うから何とも言えないがw

でも、アウトプットの機会があるっていうのはこういうブログも含めて貴重なのでそれなりに文句も感じずやっています。

もっと好奇心旺盛な人がたくさんいるところにも行ってみたいですね~。「これってこうやったんだけどいいですか?」と聞いたら「そのやり方でもOK。ただ、別の方法は思い浮かばなかった?俺だったらこうするよ」というような意見が折衝できるようなのは結構楽しいのかなと思います。

自分がこうしてほしいと思うことは自分はなるべくやるようにしていこうと思います。

ではでは。

Real Time Web Analytics