/var/www/yatta47.log

/var/www/yatta47.log

やったのログ置場です。スクラップみたいな短編が多いかと。

Error: ENOSPC: System limit for number of file watchers reachedの対処

docusaurusを確認していたら以下のようなエラーが出てきた。

Error from chokidar (/home/vagrant/tmp/20201121/my-website/static/img): Error: ENOSPC: System limit for number of file watchers reached, watch '/home/vagrant/tmp/20201121/my-website/static/img/undraw_docusaurus_mountain.svg'
Error from chokidar (/home/vagrant/tmp/20201121/my-website/static/img): Error: ENOSPC: System limit for number of file watchers reached, watch '/home/vagrant/tmp/20201121/my-website/static/img/undraw_docusaurus_react.svg'
Error from chokidar (/home/vagrant/tmp/20201121/my-website/static/img): Error: ENOSPC: System limit for number of file watchers reached, watch '/home/vagrant/tmp/20201121/my-website/static/img/undraw_docusaurus_tree.svg'

何なのかがよくわからんかったので調べてみた。

 

出てきたエラーの原因

これはdocusaurusがというよりか、Node.js使っていると発生するエラーで、監視対象のファイル数上限に達した場合に出力されるらしい。

参考: エラー System limit for number of file watchers reachedの対応 | Honmushi blog

で、上記のサイトにそのまま対策も上記サイトに書かれていたのでやってみた。

 

やってみる

まずは現状の値を確認する。

cat /proc/sys/fs/inotify/max_user_watches 

8192なので上限値を一時的にあげてみる。

sudo sysctl fs.inotify.max_user_watches=24288

もう一度値を調べてみると、反映されていることを確認しました。

これだとOSを再起動したら戻ってしまうので、戻らないようにするには恒久対策をしてください。

 

改めてyarn start

では改めて実施。

vagrant@development-server:~/tmp/20201121/my-website$ yarn start
yarn run v1.22.4
$ docusaurus start
Starting the development server...
Docusaurus website is running at: http://localhost:3000/

✔ Client
  Compiled successfully in 7.60s

ℹ 「wds」: Project is running at http://localhost:3000/
ℹ 「wds」: webpack output is served from /
ℹ 「wds」: Content not from webpack is served from /home/vagrant/tmp/20201121/my-website
ℹ 「wds」: 404s will fallback to /index.html

ふむ。エラー出力されずに正常に動いた。

Node.jsはバサッとやってくれるのはいいけどリソースがっつり使っちゃうからそこはどうなのかと思いつつもめちゃ便利だからやめられない。

それではー。

Node.jsデザインパターン 第2版

Node.jsデザインパターン 第2版