/var/www/yatta47.log

/var/www/yatta47.log

やったのログ置場です。スクラップみたいな短編が多いかと。

Ubuntu18.04にDockerをインストールする

f:id:yatta47:20200102193340p:plain

最近よく使うDockerのインストール方法を覚書として残しておこうと思います。

Dockerのインストール

基本的には公式HPに書いてある通りです。

docs.docker.com

パッケージをアップデートして、重複しそうなパッケージを削除する。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get remove docker docker-engine docker.io containerd runc

必要なパッケージをインストールして、鍵、リポジトリを登録してパッケージをアップデート。

$ sudo apt-get install apt-transport-https ca-certificates curl gnupg-agent software-properties-common
$ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -
$ sudo apt-key fingerprint 0EBFCD88
$ sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable"
$ sudo apt-get update

dockerをパッケージとしてインストール。

$ sudo apt-get install docker-ce docker-ce-cli containerd.io
$ systemctl status docker

以上でインストール完了。

そして、一般ユーザだとsudoを付けないとエラーが出るので、メインユーザをdocker Groupに追加しておく。

$ whoami
$ cat /etc/group | grep dock
$ sudo gpasswd -a vagrant docker
$ cat /etc/group | grep dock
$ sudo chmod 666 /var/run/docker.sock

これで一般ユーザでもdockerコマンドが打てるようになった。

$ docker ps

docker-composeのインストール

個人的にはdocker-composeがないと非常に不便なので一緒にインストールしておく。

こちらも公式サイトに書いてある通りに実施する。

docs.docker.com

$ sudo curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.25.0/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o /usr/local/bin/docker-compose
$ sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose
$ docker-compose --version

まとめ

毎回調べていたのでこれですぐインストールできるようになった。

いっそのことAnsibleでシナリオ作っておこうかな。