読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

/var/www/yatta47.log

やったのログ置場です。スクラップみたいな短編が多いかと。

なぜ彼は常に文句を言っているのだろうか。

日記

自分の周りには常に怒っている人、文句を言っている人が少なからず一定数いる。そんなに怒っていると疲れないのかなって思うぐらい常に文句を言って、怒っている。

なんでなんだろうなーと不思議に思っていたので、それをちょっと考えてみた。

なんで言わないんだよ!

Angry

実際にあった事例を一つ。

自分「ちょっと面白い話があるから一緒にコンビニまで行きましょうよ」

相手「えっ・・・・いや、忙しいので」

その数日後・・・・・

相手「この前の面白い話ってこれのこと?」

と不機嫌になっていました。

 

う~む・・・・わからん。ちゃんと誘って、それで断っておきながら数日後にその事実をほかのところから知ってキレてるって・・・・・言ったほうがよかったっていう結論なんだけど自分としては言おうとしたけど断られたのでそのままにしておいたのですが。

これはおそらく、相手側のほうの心象として「早めに言って欲しかった」っていう想いがあったんだろうなーと予想。

極端な言い方をすると、"絶対伝えてほしかった"と"まぁ伝えておくか"というズレから怒りにつながっているのではないかなと思う。

さらに言うと、その相手と自分の中での比率ってのが違っていたんだろうなと。そこに苛立ちを感じたのかもしれません。

 

自分の中の意識として

「自分の常識は他人の常識ではない」

というのがあります。

なので、「自分はこんなにいろいろとやっているのにどうしてキミはやってくれないの?」とかそういう感情はほとんど出てきません。だって価値は自分自身が決めるんですもん。相手のものも。自分のものも。

 

自分の常識で物事をすべて考えると、「そこはこうするにきまってるでしょ!」「なんでこうしないんだよ!」と自分の考えとのズレが出てきて、イライラするからです。なので、そこは「自分の常識は他人の常識ではない」っというのを念頭に置いて、何か自分の思っているものと違うことをやった場合には、「この人はこうやるのか。なんでそうやってやるんだろう」と考えるようになってきました。

前の例で言えば、"面白い話"って言われた時点で「なんですか?すぐ言えないんですか?」とかやり取りをしたと思います。

その辺のアクションは人それぞれなので、売り言葉に買い言葉で「じゃーなんであの時すぐ聞かなかったんですか」とか言ったところで面倒なので言いませんけど、そういう自分本位にしか考えられないような人には自分の結論としては「かかわらないようにする」ってのが一番なんじゃないかなと思う。少なからずこちらとしては気分がいいものではないので。

自分のほうから関わらないといけない状況だったらその辺は考え物なのですがこれ幸い、そうでもないので、落ち着くまで放っておこうかと思います。

この本でも勧めてあげればいいかな。

マンガでやさしくわかるアンガーマネジメント

マンガでやさしくわかるアンガーマネジメント

 

口動かすのはいいから、体動かしたら?

Sport action

文句をよく言っている人って、口だけ動かして行動に移していないケースが多くみられる。

まぁかくいう自分も8割ぐらいは口だけ動かしているんですが、ここは譲っちゃダメだろっていうところは動きます。

でも、自分の周りにいる文句をいう人って全然動かないんですよね。で、こっちに依頼してくる。

なんでやねん。知らんわ。いう相手が違うわ。自分でやれと。

上のセリフは周りの人に何度言ったことか。

 

よくあるのが会社の文句。「じゃぁ転職すれば?」って思っていて、でもなかなかできるものじゃないですよね。取り巻く環境の影響も考えると。なので、実際に転職した人はよく動いたな~ってことで感心します。

ちょっと話はそれますが、この転職にも2パターンあると思っています。

自分のやりたいことやビジョンがあって、それに支障をきたすから転職するパターン。

もう一つは、今の環境に不満があって転職するパターン。

前者と後者だと責任の持ち方が全然違うと考えています。前者は、自責だととらえていて、後者は他責だととらえていて。後者で転職していった人が過去にいましたが、そいつは今はどうしているのだろうか。今は疎遠になっていてどうなっているのか知るすべもないですけど、転職した時点の思想が他責だったので、今の会社でも同じように会社に文句を言っているんじゃないかなーと予想。まぁ3年目が勝負かな。3年たって「会社がこうやってくれないんだよ」とか他責のようなことを言っていないことを切に祈るばかりです。

 

ちょっと話はそれました。

結局のところ、文句を言う人は言うし、文句を言わない人はいないと思うけど、少なからず行動を起こす人もいると。文句ばかり言っている場合には、自分が行動しているのかどうか?を一度見直してみるのもいいかもしれません。

 

結論

Answer

こうやって文章にして考えを整理してみると、自分の周りにいるよく怒っている人って、自分のことしか考えてない、わがままな人なんじゃないかなって感じる。

そういうのにはかかわらないほうがいい。わざわざ他人に気分を害される必要はない。

それと同時に、自分がそういう風なふるまいをしていないかどうか?を見直してみようと感じた。自分の場合は、やる気のない感じが見えるらしいので、そこを見直したほうがいいのかもww

 

なぜそんなことをふっと思ったのか。

ちょうど最近あったことがきっかけでタイトルが目に付いて読んだ。

ibaya.hatenablog.com

共感できる内容が非常に多かった。特にタイトルになっている一番最後の章。ここはその通りだと思うし、「うんうん」って納得だった。

明日からまたお仕事頑張りますかねー。

それではー。

広告を非表示にする
Real Time Web Analytics