/var/www/yatta47.log

やったのログ置場です。スクラップみたいな短編が多いかと。

feedlyのAPIをたたくためのAccess Tokenを取得する方法

自分の中での情報収集ツールで重要な位置を占めるfeedly

軒並みfeedを登録して、API経由で取得してごにょごにょして~見たなことをやっています。APIを使う場合Access Tokenを発行してその値が必要になるのですが、それの有効期限が1か月・・・・・

毎回、更新を忘れます。更新を忘れるならばまだしも、更新のやり方さえも忘れますorz

ってことで、今日はその覚書をしておこうと思います。

Access Token更新の流れ

  • feedlyAPIの認証サイトへ行く
  • メールでURLが送られてくるので、アクセスする
  • Tokenを取得する

流れ的にはこんな感じです。

いたってシンプルなのですが、毎回忘れる。

 

feedlyAPIの認証サイトへ行く

そして毎回忘れるのがここ!!どこにアクセスすればいいのか忘れているので!!ここにアクセスします!!

feedly cloud | developer

画面はこんな感じで出てくるので、自分の使っているアカウント認証方法でアクセスします。自分の場合はGoogleアカウントでやっているので一番上をぽちり。

f:id:yatta47:20161013220820j:plain

 

メールでURLが送られてくるので、アクセスする

ログインすると、「お前のID、これだよ!メール送ったからその中のURLクリックしてAccessToken取得しろ!」っていう画面が出てきます。

f:id:yatta47:20161013221026j:plain

その画面が出てきたら、今度はメールを見てみる。

うん。ちゃんとメール来てますね。

f:id:yatta47:20161013221101j:plain

そしてこのメールのリンクをクリック!!

 

Tokenを取得する

もうここまで来たら終わったも同然。

f:id:yatta47:20161013221144j:plain

トークンが表示された画面になる(ちょうどマスクかけているところです)ので、それをコピペする。

注意点として、トークンが出ているところはboxになっているから、Ctrl + aとかで全部選択したつもりでもなぜか選択できていない時とかがあります。なので、端までドラッグすることをオススメします。

 

終わりに

有効期限を3か月ぐらいになってたらもうちょっと楽なんだけど、まぁ・・・・・やり方をしっかり覚えておきましょう!

そもそも、Token有効期限が切れたときにそれを通知する仕組みを自分が作っていないのが悪い!ちゃんとアプリでエラーハンドリングして、slackなりメールなりで通知するような仕組みを作ればいいんだ!!

・・・・・・いつになることやらww

ってことで今日はここまで。お疲れ様でした。

Feedly Reader | Blogs, News, RSS and Youtube

Feedly Reader | Blogs, News, RSS and Youtube

広告を非表示にする
Real Time Web Analytics