/var/www/yatta47.log

やったのログ置場です。スクラップみたいな短編が多いかと。

cloud9環境でJekyllを動かす。bindだから「-b」を付けてもダメだよww

photo by mansikka

Cloud9環境で相変わらず開発していますが、ぽつぽつ環境の違いにより動かなかったり、違うオプションだったりします。

その一つがJekyll。でも、正式ドキュメントでちゃんとフォローしてあります。

docs.c9.io

通常であれば

jekyll serve

 

で起動するけど、Cloud9環境では以下。

jekyll serve --host $IP --port $PORT --baseurl ''

環境変数としてセットしてあるIPアドレスとポート番号を指定してあげます。

ポート番号とかも通常だと4000だけどCloud9環境だと8080で動いたりします。

決してbindだからということで-bとかつけないように(←自分のこと

 

色々とiptablesとかで規制かけてるんだろうな〜。でもちゃんとフォロー手順を用意しているCloud9・・・・・素敵です。

 

まとめ

railsでbindする場合は-b 0.0.0.0とか書くから何となく

jekyll serve -b 0.0.0.0

とか入力してしまいましたww

ちなみに上記はを実行すると

Configuration file: /home/ubuntu/workspace/polar-bear-theme/_config.yml
            Source: /home/ubuntu/workspace/polar-bear-theme
       Destination: /home/ubuntu/workspace/polar-bear-theme/_site
      Generating... 
                    done.
 Auto-regeneration: enabled for '/home/ubuntu/workspace/polar-bear-theme'
Configuration file: /home/ubuntu/workspace/polar-bear-theme/_config.yml
    Server address: http://127.0.0.1:40000.0.0.0/

ポート番号の後ろに0.0.0.0が付きますwwなんで?!ww

 

正しくは

jekyll serve --host $IP --port $PORT --baseurl ''

です。覚えておきましょう。

 

参考にしたサイト

ruby - Connect to a locally built Jekyll Server using mobile devices in the LAN - Stack Overflow

Jekyll serve suddenly switched from localhost to 0.0.0.0 - any fix? - Stack Overflow

Setting Up Jekyll - How To - Cloud9 Community

広告を非表示にする
Real Time Web Analytics